身内に報告 絵とかついてるかも。
犬が亡くなった話

お盆に入る前に、飼い犬が亡くなった。
14歳の、オスのビーグル。
 
私は看取ることは出来なかったけど、
家族が見守ってくれてたらしい。
 
亡くなる1週間前に倒れて、
私もアタフタしていた。
彼氏が気を使ってくれて、実家に送ってくれたので
弱っている、犬をみた。
 
うんともすんとも言わずに寝転がっていて、
あんまり犬の匂いがしなかったから
あぁ、ダメなんだなぁって思って帰宅。
 
それから1週間。
「急に元気になってね、昨日は久しぶりに散歩にも行って、ご飯も全部食べたんだけどね。。
と、母から亡くなった時にきかされて。
 
最後にちゃんと、
散歩にいって、ご飯も食べて、
やることやって、亡くなっていったんだなぁと思った。
 
お盆も意識していたのか、
その前日に見た夢は、
亡くなった祖母が犬を散歩してくれていた。
 
結構仲が良かったから、
お迎えに来てくれたのかなぁなんて。
 
もっと色々してあげれば良かったと
思うことには思う。
けれども寿命もあっただろうし、納得している。
辛くて悲しくてどうにもなりませんという状態ではない。
そりゃ寂しいけれど。
 
本当に犬を飼って良かったなぁと思った。
スポンサーサイト
Posted by sera
comment:0   trackback:0
[日記
| HOME |